トップ / 歯周病から入れ歯になる

歯周病から入れ歯になる

歯周病と歯肉炎とは

歯周病は早めに治療しよう

歯周病は成人の約8割以上が発症していると言われている程、ポピュラーな歯茎の病気です。ブラッシングがしっかり行われていないと、歯と歯茎の隙間に食べかすが入り込んだままとなってしまいます。そのまま放置していると、やがて歯垢から歯石となってしまうのです。この歯石にはプラークという細菌が住み着いており、この細菌が歯茎を炎症させ、歯周病を進めてしまいます。早めに歯医者さんで歯石をケアすれば、予防できたり進行を抑えられます。

↑PAGE TOP

© Copyright 健康の維持の仕方について. All rights reserved.