トップ / 頸椎椎間板ヘルニア相談室

頸椎椎間板ヘルニア相談室

頸椎椎間板ヘルニアって

頸椎椎間板ヘルニアが起こる原因

頸椎椎間板ヘルニアは、椎間板という組織が壊れることで、脊髄や神経根が圧迫される症状になります。全部で7つある頸椎の間は、椎間板という上下の頸椎を連結する役目をもっているもので、つながれています。椎間板の働きが悪くなると、肩や手に激しい痛みや、両手のしびれが出て、両足が足先からしびれを感じることもあるようです。頸椎椎間板ヘルニアは、現れる症状によって治療法が異なることから、違和感を感じたら早めに受診することが大切です。

腰の痛みをやわらげる方法

腰の痛みは、筋肉や骨格、血行に何らかの問題が起こることによって発生します。筋肉は疲労していたり、筋力が低下した状態になると痛みを発するので、ストレッチで筋肉をほぐしたり、お風呂に入って体を温めて疲れを取るといいでしょう。骨格が原因の場合は、正しい姿勢を心がけましょう。無理な姿勢をしたことで、骨格がゆがんで神経を圧迫したときはコルセットを利用しましょう。血行不良は運動不足や肥満、下着のサイズが合っていないことが考えられるので、これらを解消すると腰の痛みもやわらげられるでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 健康の維持の仕方について. All rights reserved.